【抜け毛アート】大量の犬の抜け毛で犬のぬいぐるみを作ってみた。

犬を飼っているあなた、春から夏にかけて大量に抜ける犬の毛にうんざりですよね。

 

私の家で飼っている1歳の柴犬は今年の春頃、


こんなに抜けました。

 

こんなに抜けました!!!!!

どうにかして、この抜け毛を活用できないかと考えたところ、

どうやら最近「抜け毛アート」なるものが流行っているらしいので、
抜け毛で犬のぬいぐるみを作ってみました!

ということで今回は、「大量の犬の抜け毛でできる犬のぬいぐるみの作り方」をご紹介します!

 

 

準備するもの

  • 大量の犬の毛
  • マットもしくはスポンジ
  • ハサミ

 

 

手順1 犬の毛を洗います


お風呂の桶に入れて、石鹸やシャンプーで犬の毛を洗います。あれだけ山盛りあった犬の毛はこれだけ小さくなりました。

 


天気がいい日に外に出して乾かします。犬の毛が飛んでしまわないように、何かおもりになるものをのせてください。

 

 

手順2 作業の準備を整えます

今回は写真のような「ふせをしてくつろいでいる犬」を作りたいと思います。

作りやすくするために、

頭パーツ

 

胴体パーツ

  • 前脚×2
  • 後脚×2
  • 尻尾

というように、パーツを分けて作っていきます。

 

基本的な作業方法

また、今回は羊毛フェルトと同じ方法で作ることにしました。

以下は、作業方法です。

 

  1. まず、適当な量の犬の毛を手に取ります。
  2. 犬の毛を丸めて密度を高めます。
  3. 丸めたところを針でチクチクつつくと固まります。
  4. 1~3を繰り返しいろんな形にしていきます。

 

手を怪我しないように気をつけて下さい!

それでは早速作っていきましょう!

 

 

手順3 頭パーツ(顔、耳、鼻)を作ります


まずは、顔のパーツを作ります。完成形はこんな感じです。少し象のようになってしまいました。

顔のパーツは、

の3つです。

それでは、一つ一つ作っていきましょう!

 

顔パーツの作り方


顔のパーツの形は、ボールのような丸い形です。耳と鼻のパーツを付ける土台となるので、弾力ができるまで少々固くまとめてください

 

球体、丸
大きさ 4.0 × 4.0 cm

耳パーツの作り方


耳のパーツの形は、三角形もしくはひし形です。

顔のパーツに貼り付けるので、三角形の一辺を少し広げておいてください

三角形、ひし形
大きさ 3.0 × 3.0 cm

鼻パーツの作り方


鼻のパーツは、円柱の形にします。

顔のパーツに貼り付けるために、円柱の片側の底を広げておきます。(写真:左の部分)

円柱
大きさ 1.0 × 3.0 cm

頭パーツの作り方


まずは耳のパーツを顔のパーツに先端に左右対称で付けます。

耳のパーツの広げた部分を、顔のパーツに重ねて針でつつくとくっつきます。

この時くっつけるのは一部だけで、あとの部分はピンと立つように浮かせください。

 

 


次に鼻のパーツを顔のパーツの中央に付けます。

鼻のパーツの広げた部分を、顔のパーツに重ねて針でつつくとくっつきます。

上手く形が整わない場合は、手で押して整えてください。

 

最後に、飛び出した毛をハサミでカットして頭パーツの完成です。

 

 

手順4 胴体パーツ(胴、尻尾、前脚×2、後脚×2)を作ります


次に胴体のパーツはを作ります。完成形はこんな感じです。首無しでこわいですね。

胴体のパーツは、

  • 尻尾
  • 前脚×2
  • 後脚×2

の4つです。

 

胴+尻尾パーツの作り方


胴パーツの形はLINEのアイコンのような形です。

尻尾を後からくっつけるのは大変なので、あらかじめ胴につけておきます

LINEのアイコン
大きさ 10.0 × 15.0 cm

前脚×2パーツの作り方

前脚パーツの形は長い円柱形です。

少し長めに作るのは、胴パーツの下に敷いて接着させるためです。

円柱
大きさ 1.0 × 10.0 cm

後脚パーツの作り方


後脚御アーツの形は、手羽先のような形です。

一つは胴の上に、もう一つは胴の下につけます。

胴の上に付ける後脚の太ももの部分はふっくらさせてください。

手羽先
大きさ 7.0 × 15.0 cm

胴体パーツの作り方


まずは、前脚のパーツを胴パーツの右端に付けます。

長めに作った前脚を胴体の下に敷いて、上から針でつついて付けてください。

 

 


次に、後脚を胴パーツの尻尾あたり、上と下に付けます。

ふっくらさせた後脚を上に、もう一つの後脚を下につけます。

 

最後は飛び出した毛をハサミで切って完成です。

 

 

手順5 全身を作ります


それでは、頭パーツと胴体パーツをくっつけていきます。

 

 

頭のパーツを、前脚の付け根の上の部分にくっつけます。

その際、接着部分に毛を付け足し首を作ってください。

ほんの少量で大丈夫です。

 

 


はい!これでほぼ完成です!!

あとは、ハサミで毛を整えてお好みで首輪などをつけていただくと、より完成度が増します。

 

 

犬の抜け毛で作ったぬいぐるみの完成

これが







こうなりました!

ちょっとアンバランスですが、それっぽくなったのではないでしょうか?

あなたもぜひ「抜け毛アート」を作ってみて下さい!

 

さいごに

巨大ペーパークラフトで秋田犬を作りました↓

関連記事

こんにちは。     本日ツイッターをしているとこんなツイートを見つけました。↓ 秋田県 観光プロモーション -行け、行け、アキタ。の一環としてペーパークラフトの秋田犬が登場!ぜひぜひダウンロード[…]

 

自分で描いた犬のイラストをSUZURIで服にしました↓

関連記事

「あ、もうついにこれも着れなくなった。」   そう鏡の前でつぶやくと僕は”スヌーピーの服”を着るのをやめた。 いつからだろう犬柄の服を着れなくなったのは。     僕は犬が好[…]

 

第2弾と第3弾もあります↓

関連記事

「男が着てもキツくない、カッコかわいい犬柄の服」を自分で作る企画第2弾。   今回は「プロレスマスクを被った柴犬」をデザインしました! 折角なので、どういう経緯でこのデザインにしたかを軽く触れてご紹介します! […]

関連記事

あなたが好きな犬の姿はなんですか?   首をかしげる姿 丸まっている姿 体を震わせている姿   実は人に言えないけど「この姿が一番好き!」という方も多いのではないでしょうか。 […]

 

最新情報をチェックしよう!
>男だってカッコかわいい犬の服が着たい

男だってカッコかわいい犬の服が着たい

かわいすぎる犬柄の服。女の子にはいいけど男の子にはきつい!そんなあなたのために、男性が着てもキツくない「カッコかわいい」犬の服を作りました。

CTR IMG