超巨大サメvs人間『MEGザ・モンスター』2018年最もラッキーな犬はこの犬で決まり

もし、20mほどの超巨大なサメと海で出会ったらあなたは生き残れる自信がありますか?

 

おそらくほとんどの方は、「無理無理、死ぬ!」と思うでしょう。

 

ぼくも自信がありません。

 

 

しかし、この男は違います。

『MEG ザ・モンスター』ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ

その名も「ジェイソン・ステイサム」。

 

 

この男は絶対死にません。

もうそう決まってるんですもん。

 

 

今回は、そんな絶対に死なない男「ジェイソン・ステイサム」が大活躍する、B級サメパニック映画『MEG ザ・モンスター』をご紹介します!

みんなでワイワイ楽しんでください!

 

 

 

『MEG ザ・モンスター』の作品情報

『MEG ザ・モンスター』ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
作品名MEG ザ・モンスター
(原題:THE MEG)
ジャンルSF、アクション、スリラー
公開年2018年
監督ジョン・タートルトーブ
キャストジェイソン・ステイサム
リー・ビンビン
レイン・ウィルソン
マシ・オカ

 

 

『MEG ザ・モンスター』のあらすじ

潜水艦の救助に向かったテイラーだが、謎の巨大生物による攻撃で全員の救出が困難になり、数名おきざりにして戻った。

しかし、巨大生物の存在を疑われ、逆に数名残したことを批判されたテイラーは仕事を辞めることになる。

5年後、中国に建設された海洋研究所は、海底のさらに奥の未知の領域に踏み入れることに成功。

ところが、5年前と同様、巨大生物の攻撃で探査艇は浮上できなくなる。

その生物は、200万年前に絶滅したと思われていた巨大サメ・メガロドンだった!

 

 

『MEG ザ・モンスター』に登場する犬

『MEG ザ・モンスター』ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
犬種役名
ヨークシャテリアピピン

海上結婚式で新婦につれられて参加したヨークシャテリア、名前はピピン。

暇を持て余し海で泳いでいたピピンですが、巨大サメが背後に迫りくる!!!

ついには、

バクっ!!

と食べられてしまいます。。。。

 

 

と、思いきや奇跡的に生還していたピピン。

この犬は2018年公開された映画の中でも最もラッキーな犬に決まりでしょう。

ピピンだけに、ピンピンしていましたしね!

あらあら、おあとがよろしいようで。

 

 

『MEG ザ・モンスター』の3つのおすすめポイント

5度目の正直!ようやく実現した映画化

どうやらこの作品、映画化までの道のりがひじょーーに長かったみたいです。

年表で表すとこんな感じ↓

1997年スティーヴ・オルテンが『Meg: A Novel of Deep Terror』を執筆する。
1997年ハリウッド・ピクチャーズが同小説の権利を取得する。
1回目:脚本にトム・ウィーラー起用→内容が不十分なので却下
2回目:脚本にジェフリー・ボーム起用→内容が不十分なので却下
2005年ニュー・ライン・シネマが権利を取得する。
3回目:脚本にシェーン・サレルノ起用→内容が不十分なので却下
2015年ワーナー・ブラザース権利を取得する。
4回目:監督にイーラス・ロス起用→途中降板
5回目:監督にジョン・タートルトーブ起用→成功
2018年公開

見て分かる通り、脚本がとにかくだめでことごとく映画化を断念してきました。

その苦労が今年ようやく実り、公開にいたったわけです。

長かった!

しかも興行収入は、あの超有名サメ映画『ジョーズ』を抜き、4億7,353万ドルを記録しました!

 

『MEG ザ・モンスター』ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ

まさにメガロドン(左サメ)がジョーズ(右サメ)を食ったわけです。

 

超巨大サメvs人間というたまらないB級感

B級映画好きには「超巨大サメ」というパワーワードの時点でたまらないでしょう。

映画に登場するのは200万年前に絶滅したと思われていた大海獣「メガロドン」。

実在する海洋生物で、全長は10m~20mとホホジロザメの3倍ほどの大きさです。

映画では巨大すぎるように感じましたが、実際でもめちゃくちゃでかい!

そしてそんなサメに対峙するのが、頼れる助っ人、お調子者、クールな美女、嫌な上司、性格が良い同僚と人間のラインナップも丁度いい!

いわば、A級の「B級映画」です。

 

くそカッコいいおやじジェイソン・ステイサム

『アドレナリン』や『ワイルドスピード』に出演しているジェイソン・ステイサム。

51歳、頭もはげてるおやじなんですが、、、

 

『MEG ザ・モンスター』ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ

 

くそカッコいい!!

 

なんでかっこいいの?

日本人のハゲはダサいのに、外国人のハゲはカッコいいの?

こりゃあ撮影中、共演者の女性はいろんな意味で濡れたんじゃないでしょうか。

サメも冷めるし、テイラーも救いようのない下ネタ。

女性にも目くじらを立てられちゃいますね!

・・・。

「ジェイソン・ステイサムかっけー。おれもこんな大人になりてー。」って思いながら見てください。

 

 

『MEG ザ・モンスター』を見た感想・レビュー

ストーリー的な驚きはないが、 パニック映画として割り切れば十分楽しめるデキ。
D.IKUSHIMAさん

評価: 4.0未探索の海底で発見された巨大なサメが
何度も襲撃してくる話。

パニック映画の王道的な造りで、
ほぼ予想通りの展開で進んでいく。
とはいえ、映像はリアルで迫力があるし、
サメに襲われる緊張感がずっと続くので中だるみもない。

ストーリー的な驚きはないが、
パニック映画として割り切れば十分楽しめるデキ。

最初ワクワク、終わりぐちゃぐちゃ
面白ければ良いジャンさん

評価: 2.0ジェイソンステイサムと巨大ザメの組み合わせに思わず劇場に行ってしまった
ハイテク施設と独自の未知の深海説で始まりはワクワクしました
正義感と自分の価値観でガチガチなヒロインに苛立ちながら見ていたら案の定すぐにヒロインが出来る女に早変わり(何故かヒロインは常にメイクがバッチリの特別扱い)
サメとのバトルはまめにあるのでしばらくは飽きない
終盤は中国資本ゴリゴリ設定で無理矢理感が否めない
聞いたこと無い浜に人口密度増しな人混みでアジア最大のビーチらしいけど…

ラストが最悪
潜水艦でサメと格闘戦て…いったい?
もうちょっと何とかならなかったのかな?

映画館で観ました。
Amazonにて購入さん

評価: 5.0久しぶりにもう一度観たいなと思える映画に当たりました。やはりこのハゲの主人公は最強でしたね。まずこのハゲが死ぬことは皆無ですのでそこに至っては安心して見られますが、とにかく迫力は満点で面白いです。メガロドンという超規格外のサメは実際に存在してたのもウィキペディアをみて驚きました。事実現在も存在してる可能性は0ではないみたいで、そういった背景を通して映画を観ればよりリアリティが感じれて楽しめるかもしれません。ラストもスカッとして後味も最高な映画です。子供から大人まで楽しめる映画だと思います。続編を期待します。

 

 

『MEG ザ・モンスター』はどんな人におすすめか

・B級映画が好きな人
・ジェイソン・ステイサムが好きな人
・パニック系好きな人
・みんなで映画を見たい人
・映画をはずしたくない人

 

絶対死なない男「ジェイソン・ステイサム」vs超巨大殺人サメ「メガロドン」を見逃さないわけにはいかないでしょう。

みんなでワイワイ楽しみながら見るのにちょうどいい映画です!

ヒロインのリー・ビンビンも綺麗なので、男性も女性もうっとりしながら見てください!

 

 

さいごに

パニック映画が好きならこちらの映画もおすすめ↓

関連記事

みなさんは今年小さな劇場から大旋風を起こした映画『カメラを止めるな』をご覧になりましたか? ハリウッド映画の制作費が300億円を超える中、わずか300万円という低予算で制作されたにもかかわらず作り込まれたク[…]

 

犬が大好きなあなたへ、犬柄の服作ってます

犬柄シャツ

犬が大好きなあなたへ。
1枚でもオシャレに着こなせる犬柄のシャツを作ってます。
フーディ、サコッシュ、スウェットなどもあるので寄ってみてください。

最新情報をチェックしよう!
>おしゃれな犬柄の服が着たい

おしゃれな犬柄の服が着たい

犬が好き。 服が好き。 そんな2つの好きが詰まった犬柄の服が着たい。でも、「犬柄の服はデザインが可愛すぎてキツイ」。そんなあなたのために、誰が着てもキツくない「カッコかわいい」犬の服を作っています。同じ悩みを持ったあなたの心に届きますように。犬好きより

CTR IMG