『アリー/スター誕生』(2018年)配給」ワーナー・ブラザーズ より引用

『アリー/スター誕生』のチャーリーの犬種は?

『アリー/スター誕生』(2018年)配給」ワーナー・ブラザーズ より引用

2018年、レディーガガが主役を演じた映画『アリー/スター誕生』が公開されました。レディーガガ演じる「アリー」がウエイトレスからスターとなるまでの階段を駆け上がっていく物語です。第91回アカデミー賞で「アカデミー歌曲賞」を受賞した本作品は、2018年を代表する映画作品の一つとなりました。

今回はそんな映画『アリー/スター誕生』に登場する犬についてご紹介します。

実は犬映画として語るにふさわしいエピソードが詰まった作品なのです。

 

『アリー/スター誕生』に登場する犬

『アリー/スター誕生』(2018年)配給」ワーナー・ブラザーズ より引用
『アリー/スター誕生』(2018年)配給」ワーナー・ブラザーズ より引用

 

名前チャーリー
犬種ゴールデン・ドゥードル
ラブラ・ドゥードル
演じた犬チャーリー

劇中でアリーがジャックにプレゼントした犬「チャーリー」。犬種は「ゴールデン・ドゥードル」もしくは「ラブラ・ドゥードル」です。

聞き覚えのない方のために説明を加えると、「ゴールデン・ドゥードル」は「ゴールデン・レトリバー」と「プードル」をかけ合わせた犬種、そして「ラブラ・ドゥードル」は「ラブラドール ・レトリバー」と「プードル」をかけ合わせた犬種です。どちらもアレルギーが少ない犬種として知られています。

 

実はブラッドリーの愛犬だった「チャーリー」

映画をご覧になった方はお気づきになられたかも知れません。演技にもかかわらず、妙に「チャーリー」と「ジャック」の仲が良すぎると。それもそのはず、実は「チャーリー」、今回ジャック役を演じた「ブラッドリー」の飼い犬なのです。

ちなみに「チャーリー」という名前ですが、ブラッドリーの亡き父「チャーリー・クーパー」から名付けられたそう。父親想いなんですね。

 

「オスキャット賞」を受賞したブラッドリー

「チャーリー」が自分の飼い犬だったことが判明したブラッドリー。それを知ったPETAという動物保護団体がブラッドリーに「オスキャット賞」を授与しました。「虐待的な方法で犬をしつけて訓練する俳優犬」ではなく「普段を愛情を注いでいる自分の飼い犬」を起用したことが評価されたそうです。

「チャーリーはアカデミー賞助演男優賞は受賞するべきだ!」と騒いでいた世界中のチャーリーファンは、間接的にもチャーリーが評価されてさぞ嬉しいことでしょう。

こちらも合わせて読みたい!

犬映画×歌映画といえば①『SING』

関連記事

あー歌いたい。 すごく歌いたい。 8オクターブくらいでそう。  今回ご紹介するのが、そんな気持ちにさせてくれる音楽映画『SING』。アニメの動物が作中で歌を歌っているんですが、実際に歌っているのプロの歌手なんです。 笑い[…]

犬映画×歌映画といえば②『リメンバー・ミー』

関連記事

2014年 『アナと雪の女王』2016年 『君の名は。』口コミから話題が広がり、一気に社会現象となったヒット作。カラオケに行けば誰かが「ありのままの~」「きみの前前前世~」と歌いだし、ツイッターでは高校生が「泣ける」「やばい」「おも[…]

犬映画×歌映画といえば③『アニー』

関連記事

あーさが来ればー トゥモロー♪いい事があるー トゥモロー 明日ー♪トゥモロー トゥモロー♪アイラビュアー トゥモロー♪明日はー幸せー♪いきなり歌ってすみません。頭の中からこの歌が離れないんです!ところで、この歌で有名なミュージ[…]

『アリー/スター誕生』(2018年)配給」ワーナー・ブラザーズ より引用
twitterとYoutubeフォローお願いします!