【三宝寺】京都の外れにインスタ映えの隠れ観光地『犬寺』があった!

 

寺社仏閣合わせて2500もある寺まみれの京都。

 

これから京都を観光する予定のあなたは、どこに行こうか迷っているのではないでしょうか。

 

そんなあなたに犬好きの人だけが知っている隠れ観光地をお教えします。

 

その名も、

 

犬寺

(勝手に呼んでいます。)

 

仏さんよりも犬が目立っている犬寺こと「三宝寺」。

今回は実際に行ってきたのでその様子をご覧ください!

 

 

三宝寺の妙見堂

三宝寺の看板

地下鉄東西線「太秦天神川」駅で下車後、市バス8号に乗り「三宝寺」駅で降ります。そこから徒歩で約5分、162号線で看板を見つけたら右の細い小路に入り、坂を登って行くと到着。

写真の看板の横が三宝寺の入口です。

正式名称は三寶寺、”さんぽうじ”と読みます。

 

「日蓮宗の寺院で、江戸時代初期の…」と説明が長いので要点をまとめると、

  • 日蓮宗の寺院である。
  • 江戸時代初期に日護上人によって開山された。
  • 昔から桜が綺麗で、「車返しの桜」の異名をもつ桜の名所である。
  • 毎年土用の丑の日に、邪気払いや悪病封じを願う参拝者が訪れる。

てなことが書かれています。春は桜が綺麗な名所のようです。

 

目的地の妙見堂は、境内に入って右の階段を上った先にあります。早速向かってみましょう。

 

 

戌年の守護神を祀る「妙見堂」

妙見堂への階段

階段を上って頂上にさしかかると、今回紹介する「妙見堂」が顔を出します。

妙見堂とは、「戌の妙見さま」と称される北辰妙見大菩薩が祀られている建物です。

この「戌の妙見さま」は、開運厄除け、方除け、寿福、特に戌歳生まれの人には守護神としてもご利益があるそうです。そして、子宝犬の像があることで有名でメディアにたびたび登場しています。

 

 

狛犬、唐獅子、妙見堂、犬、三宝寺
狛犬?唐獅子?

寺社仏閣といえば狛犬。

ところで、狛犬と唐獅子の違いはご存知ですか?

下のサイトによると、このような違いがあるようです。

  • 口を閉じて角がある→狛犬
  • 口を開けている→唐獅子

 

京都国立博物館の概要と年間の主だった展示企画、イベント等をお伝えしています。…

となると、上の写真は唐獅子のようですが、妙見堂は犬で有名なので狛犬と思いたい。

 

 

灯籠、達磨、妙見堂、犬、三宝寺
犬の達磨

建物近くの石灯籠には、犬なのか達磨なのかよくわからないものがたくさんありました。

よく見ると、2種類あるみたいです。

 

 

ここ掘れワンワン「子宝犬」

子宝犬、妙見堂、三宝寺、犬
子宝犬

堂の手前右にあるのが、「子宝犬」の像。

妙見堂を犬寺として有名したのは、このどっしり構えたおかあさん犬とかわいい3匹の子犬なんです。1匹隠れて見えにくいですが、見つけられますか?

 

なぜ、「子宝犬」と呼ばれているかというと、犬はたくさんの子供を持つ安産のシンボル、また、人間の忠実な伴侶であり家族を守るシンボルとして太古から人々に認められているからです。

なので妙見堂は「安産祈願の寺」としても有名

お母さん犬は、3匹の子犬を守る番犬、そしてたくさんの子宝に恵まれるシンボルなんです。

 

子犬、犬、子宝犬、妙見堂、三宝寺
子犬

頼りのあるお母さんに子犬も安心しきっている表情。

こんなかわいい子犬なら、ここ掘れワンワンと福を招いてくれるでしょうね。きっと。

 

 

子宝犬、看板
子宝犬についての看板

ということがこの看板の最後の方に書いてありました。

 

 

犬の絵馬と福戌みくじ

犬、絵馬、おみくじ
犬の絵馬とおみくじ

子宝犬を見た後は、妙見堂の中に入りました。

建物の中では、犬の絵馬と福戌みくじを買うことができます。

犬の絵馬500円
福戌みくじ500円

犬の絵馬とおみくじは共に500円です。

神社なら巫女さんに奉納してお金を払いますが、ここではお賽銭箱にいれるという人件費削減スタイル。

 

 

絵馬、犬、三宝寺、妙見堂
犬の絵馬

絵馬に願いごとを書いたあとはこのようにして奉納します。

2018年は戌年なのでこのデザインでした。干支が変わらないうちに是非訪れてください。

 

 

いぬみくじ
犬のおみくじ

福戌みくじはこの中から選びます。犬の陶器の下にある紐をひっぱるとおみくじが出てくる仕組みです。

このおみくじ、通常なら大吉がでるところを「犬吉」がでる!なんてことは別にない

 

これに似た犬のおみくじを24個セットで買うことができます。

24個セットで10.789円ということは一個あたり約450円。

ここでは500円で販売されているので、500円-450円の50円をちゃっかり稼いでいます。

全部売れると50円×24の1,200円。

そんなに儲かってはいないようです。

 

 

妙見堂からの見晴らし

妙見堂
妙見堂からみた階段

以上、京都の隠れ観光スポット犬寺こと「三宝寺」でした!

場所は嵐山近くの山に囲まれた涼しい所なので、夏は犬寺で納涼しましょう。

 

 

基本情報

公式サイトhttp://www.sanbouji-kyoto.or.jp/
参拝時間9:00~16:00
料金無料
アクセス
京都駅から JRバス…三宝寺下車 徒歩5分
地下鉄 太秦天神川駅から 市バス8号…三宝時下車 徒歩5分
住所〒616-8256 京都市右京区鳴滝松本町32

 

 

さいごに

京都の隠れた世界遺産「醍醐寺」を観光する予定の方はこちらがおすすめ↓

関連記事

京都には有名なお寺がたくさんありますが、「醍醐寺」というお寺はご存知でしょうか。 残念ながらあまり聞いたことが無い人も少なくないと思います。しかし、これでも立派な世界遺産なんです。 […]

 

京都の繁華街「河原町」で遊ぶ予定の方はこちらがおすすめ↓

関連記事

突然ですが、柴犬はお好きですか? つぶらな瞳、ピンと立つ耳、くるっとなった尻尾。どこか奥ゆかしく品のある風貌の柴犬は、もはや日本だけにとどまらず世界中で人気を博しています。 かく言う私[…]

 

京都のシンボル「大文字山」で山登りしたい方はこちらがおすすめ↓

関連記事

最近山登りをしていますか? 「そんなこと急に言われてもあまり山登りしないし、どこが初心者でも登りやすい山かも分からない」というあなたにおすすめの山があります。  […]

大文字山、登山、京都、犬連れ、観光、隠れスポット、銀閣寺、南禅寺

 

 

犬が大好きなあなたへ、犬柄の服作ってます

犬柄シャツ

犬が大好きなあなたへ。
1枚でもオシャレに着こなせる犬柄のシャツを作ってます。
フーディ、サコッシュ、スウェットなどもあるので寄ってみてください。

最新情報をチェックしよう!
>おしゃれな犬柄の服が着たい

おしゃれな犬柄の服が着たい

犬が好き。 服が好き。 そんな2つの好きが詰まった犬柄の服が着たい。でも、「犬柄の服はデザインが可愛すぎてキツイ」。そんなあなたのために、誰が着てもキツくない「カッコかわいい」犬の服を作っています。同じ悩みを持ったあなたの心に届きますように。犬好きより

CTR IMG