【日本のエッシャー】福田繁雄と脳を狂わす犬のトリックアート

タイトルに書かれている「エッシャーって誰?」

となったあなたでもエッシャーの「作品」は見たことがあるはず。

 

 

マウリッツ・コルネリス・エッシャー

こんな絵や、

 

『Relativity』マウリッツ・コルネリス・エッシャー

こういった不思議な絵を描いているアーティスト。

 

そう、エッシャーとは「トリックアート」で有名なアーティストなんです。

 

さて、エッシャーが分かったところで、

日本でもこのようなトリックアートを描いてるアーティストがいたことをご存知でしょうか?

 

その名も、「福田繁雄」

数々のデザイン賞を総なめし、

 

日本のエッシャー

 

と呼ばれているグラフィックデザイナーです。

 

ということで今回は「日本のエッシャー」こと福田繁雄さんが手掛けた犬のトリックアートをご紹介します!!

 

 

福田繁雄ってどんな人?

引用:standby life
名前 福田繁雄(ふくだ しげお)
生没年 1932年 –  2009年
学校 東京芸術大学
代表作 『男と女の足』(1967)
『ランチはヘルメットをかぶって』(1987)

日本のグラフィックデザイナー。

「日本のエッシャー」と呼ばれ、トリックアートのようなデザインが特徴的。

毎日デザイン賞などを受賞した他、紫綬褒章を国から授与されました。

 

略歴

年齢 出来事
1932年 0歳 東京都の浅草で生まれる。
1956年 24歳 東京芸術大学図案科を卒業する。
1997年 65歳 紫綬褒章を受章する。
2009年 76歳 逝去

 

画風

グラフィックデザイン。

単純化された形態とトリックアートを融合させたシニカルなデザインが特徴。(Wikipediaより)

 

代表作

『ランチはヘルメットをかぶって』福田繁雄 | Excite ism – エキサイト
作品名 ランチはヘルメットをかぶって
製作年 1987年
所蔵 二戸市シビックセンター福田繁雄デザイン館所蔵
サイズ 186 × 79 × 108 cm

 

『男と女の足』福田繁雄 | ギャラリー ときの忘れもの
作品名 男と女の足
製作年 1976年
所蔵
サイズ 35 x 24 cm

 

 

福田繁雄の犬の作品

福田繁雄

積み重なったダックスフント。

顔があったり、なかったり、足が下向いてたり、上向いてたり。

見ていて混乱するデザイン。

 

 

 

 

福田繁雄

2匹いるよなダックスフント。

真ん中に指を置くと、左右で2匹いるような感覚になります。

 

 

福田繁雄

猫を追いかける犬。

テーブルが上を向ていてるのか、下を向いているのかよくわからないデザイン。

見ていて混乱しきてます。

 

 

福田繁雄

並んだダックスフント。

顔から辿っていくと尻尾が無い。

尻尾から辿っていくと顔が無い。

しかし、ずっと見ているとふと顔と尻尾がくっつく瞬間がある不思議な絵。

 

 

福田繁雄

ダックスフントの1匹バージョン。

こちらも真ん中に指を置くと2匹いるような感覚になります。

 

 

福田繁雄

円形にならんだダックスフント。

これが1番凄い。

パッと見るだけではなんの変哲もない犬の絵です。

しかし、よく見ると、やはり顔と尻尾が繋がっていません。

 

 

福田繁雄

ぐるりと曲がったダックスフント。

尻尾を辿っていくと確かに顔がありますが、何故かずれています。

 

 

福田繁雄

ボールに乗った犬がクエスチョンマークに見える作品。

このようにシルエットをデザインする作品も福田繁雄の特徴です。

 

 

さいごに

トリックアートが好きな人は犬の風刺画も好きなはず↓

関連記事

突然ですが、あなたは風刺画好きですか?     風刺画とは、 社会や人物の風刺を目的とした絵画。(デジタル大辞典より) のことです。   社会や美術の教科者にたまにのっていた「[…]

 

トリックアートで有名なエッシャーの犬の作品はこちら↓

無限を有限に閉じ込めた男”ミラクル”エッシャーの不思議な犬

 

最新情報をチェックしよう!
>男だってカッコかわいい犬の服が着たい

男だってカッコかわいい犬の服が着たい

かわいすぎる犬柄の服。女の子にはいいけど男の子にはきつい!そんなあなたのために、男性が着てもキツくない「カッコかわいい」犬の服を作りました。

CTR IMG